« 日課 | トップページ | 元気です »

2006年4月27日 (木)

不審な肺音

昨日はピースケの検診日でした。自分で触った限りでは、特にリンパの腫れも感じられず、今回も問題ないだろうと、明るいノリで病院のスタッフと挨拶を交わし、診察室へ入りました。

ところが、そんな明るさから一転、診察室は少々緊迫ムードに包まれることに。代診の先生から院長先生へと交代して、やけに念入りに繰り返される触診と聴診。先生、首をかしげながら何かブツブツ言ってるし・・・重苦しい空気に耐え切れなくなり、思わず「先生、心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしてるんですけど。」と言ってしまいました。

紛らわしい唾液腺の腫れはあるものの、リンパの腫れはない。との言葉にホッとしたのも束の間、肺の音がおかしいとか・・。

胸部のレントゲン撮影をすることになり、「大丈夫。何でもない。」と自分に言い聞かせながら待つ事10分。現像された写真を前に神妙な面持ちでボソボソと会話するドクター3人の姿を見て、どんどん不安が募ります。

写し出されたレントゲン写真は若干の怪しい白い影が気になるものの、それほど悪いものではないという微妙な写真でした。

再発の可能性も否定はできず、癌性の肺炎という事も考えられるという。ただ、全身のリンパの腫れは認められず、元気もあることから、とりあえずこのまま様子をみましょう。という何ともグレーな判断でした。

再発と決まったわけではないけど、何だかスッキリしない気持ちのままの帰宅となりました。どうしても、どんより気分になってしまうけど、くよくよ考えたって仕方ない。少しの変化も見逃さないようにしっかり見守りながら、いつも通り明るくピースケに接するだけ。今の私にはそれしかできません。そして、祈るだけ。

どうか、何でもありませんように。

|

« 日課 | トップページ | 元気です »

「リンパ腫」カテゴリの記事

コメント

ピースケくん、ちょっと心配ですね。
だけど元気な様子ならきっと大丈夫ですよ。
ウチは胸腺リンパ腫なんで肺には要注意なんですけど、獣医師から食欲と呼吸の様子と、あと咳・くしゃみ・鼻水なんかに注意するよう以前言われた事があります。
最近暖かくなったと思ったら肌寒かったりとお天気も安定しないから風邪にも注意らしいです。
ピースケくん、倉敷からも応援してるよ(^o^)丿

投稿: ももり | 2006年4月27日 (木) 09時53分

ピーママさん、病院で待ってる間、どんなにか不安だったことでしょうね。
微妙な診断結果でしたね。でも2度も寛解したピースケ君だから、他の子よりもずーっと強いはず。東京からもパワー送ります。

投稿: marie | 2006年4月27日 (木) 10時44分

祈ってます!祈ってます!
大丈夫!!
ピースケちゃんなら大丈夫!!
今までも何度も乗り越えてきたピースケちゃんだから大丈夫!
なんだか変な文章でごめんなさい。
次に受診の時にはシロになってますように☆
こうやってコマめによく診てもらっているから大丈夫ですよ!

投稿: ゆうか | 2006年4月27日 (木) 22時05分

心配ですね…すっきりしないですよね…。
ぴーちゃん、ぴーちゃんなら大丈夫って信じてるよ!
私も岡山と新潟から祈っています。

投稿: 夜うさぎ | 2006年4月28日 (金) 01時44分

ももりさん
ピースケの先生も咳と呼吸に注意するように言ってました。
あと、動きが鈍くなったら要注意だとも。
普通に寝てるだけでも、もしかしたら、しんどいのかなぁ?とか妙な心配してしまいます^_^;
風邪も要注意なんですね。このところ寒暖の差が激しいから体調管理をしっかりしないとですね。
情報ありがとうございました。

投稿: ピーママ | 2006年4月28日 (金) 07時59分

marieさん
ありがとう。東京からのパワーしっかり受け止めます!
救いはあくまでもグレーであって、黒ではないことかな。
今のところ、ピースケの様子に変化はないので、気持ちも落ち着いてます。
2度も寛解したピースケだもんね。強いはずよね。

投稿: ピーママ | 2006年4月28日 (金) 08時06分

ゆうかちゃん
祈ってくれてありがとう。
先生の判断で、様子をみることになったってことは、緊急措置の必要がないってことだもんね。
次回は堂々とシロだったよ。ってみんなに報告できるようにイメージしてます。
大丈夫って言ってもらえると心強いです!

投稿: ピーママ | 2006年4月28日 (金) 08時11分

夜うさぎさん
岡山と新潟からのパワーありがとう。
ぴーちゃんに不安を与えないように私がしっかりしなきゃって思ってるんだけど、反対にいつも通り食いしん坊で元気なぴーちゃんに私の方が元気をもらってます。
強い子だから、きっと大丈夫だよね。

投稿: ピーママ | 2006年4月28日 (金) 08時16分

悪いもんじゃなさそうってことは、少なくともリンパ腫ではないってことですよね、ね。
ピー君!白いやつはエイって自力で消しとこっ。

投稿: ポンボク | 2006年4月28日 (金) 21時55分

ポンボクさん
先生が言うには、癌から肺炎を引き起こすとしたら、リンパ腫の場合、通常は肺のリンパの腫れも伴うそうなんですよ。
だから、癌とは関係ないと思いたいけど、特殊な例もあるから完全否定はできないらしいです。
エイって気合入れたら、白いの吹き飛ぶかなぁ。
白い影消えてしまえ!エイッ!

投稿: ピーママ | 2006年4月29日 (土) 07時07分

ポンタの診察で、先生が聴診器を胸にあてていたのはそういう意味があったんですね。

投稿: ポンボク | 2006年4月29日 (土) 09時16分

ポンボクさん
そうなんですよね。リンパの腫れの有無ばかりに気を取られていたけど、他にも注意することが色々ありますね。
肺音は自宅では確認しようがないので、呼吸等を注意するしかないみたいです。

投稿: ピーママ | 2006年4月30日 (日) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73619/1589667

この記事へのトラックバック一覧です: 不審な肺音:

« 日課 | トップページ | 元気です »