« 芸達者なワケ | トップページ | また病院 »

2006年5月14日 (日)

一通のメール

先日、このブログを読んでくれた友人から一通のメールが届きました。その人とは、高校時代からの付き合いで、今はお互い家庭も仕事も持っていて、会うのは年に数回程度ですが、失いたくない大事な友人の一人です。

貰ったメールには「ペットを想う飼い主の気持ちって子を想う親の気持ちと同じだね」という一文や、他にも心に響く言葉、元気の出る言葉が沢山詰まっていて、正直やられました。彼女の心遣いが胸にジンときて、子供のように一人わんわん泣いてしまったほどです。この頃、人の優しさが身に沁みます。

時には誰かの『たかが犬』的な言葉に傷つくこともある。けど、そんな言葉は忘れてしまえばいい。解ってくれてる人がいる。それで充分。そう思わせてくれた友人の優しさに感謝です。

画像は記事とは関係ないプリンに釘付けのピースケです。

Purin

|

« 芸達者なワケ | トップページ | また病院 »

「友達」カテゴリの記事

コメント

あまりの釘付け具合に、ひとりで笑っています。

投稿: ポンボク | 2006年5月14日 (日) 13時37分

ピ、ピースケくん、す、すごい釘付け…(^^ゞ
という事はピースケくんはプリンを食べるんですね?
あ!もしかしてこのプリンはピーママさんお手製のピースケくん用プリンですか???(だったら、すごぉい♪)
いっつもピースケくんったら、美味しいおやつを作ってもらえて羨ましいなぁ(>_<)
ご近所だったら、私きっと押し掛けてるわ(^^ゞ
そんな事より、ピースケくんの嘔吐はその後いかがですか?
プリンに釘付けの様子からしたら大丈夫なのかな?

大切な友達からの心温まる言葉って本当に嬉しいものですよね。

投稿: ももり | 2006年5月14日 (日) 19時55分

こんばんは♪
ステキなお友達がいてくれることってほんと有難いですよね。
犬でも猫でも家族ですもんね。
それは一緒に暮らしている人じゃないとなかなか分からないことだけど、解ってくれる人がいると嬉しいですよね。

ピースケちゃんこの後プリンは無事食べれたのかなぁ??

投稿: ゆうか | 2006年5月15日 (月) 00時15分

素敵なお友達ですね!
本当、子供を思う親の気持ちとまったく一緒ですね。
命に重い軽い偉い偉くない、そんな区別なんて無い
みんな同じ大切な命。動物だって私たちとまったく同じ
命。人間が偉いだなんて、そんなことない。
家族として迎えてかけがえのない宝物を大切にするのは
当然のことですよね。

美味しそう!手作りプリン??
ピースケ君の一生懸命なお顔可愛いよ!
プリン食べれたの〜?


投稿: すみれ | 2006年5月15日 (月) 01時58分

ポンボクさん
そりゃあ、もう~、すごい釘付けぶりです(笑)
いつもこんなです。
この食い意地があってこそ、1年以上の治療に耐えられたのかもしれません。ビバ!食いしん坊!

投稿: ピーママ | 2006年5月15日 (月) 12時19分

ももりさん
当たり!お手製プリンです。
いつものように、プリン自体は薄味で、人間はカラメルソースで甘さを味わいます(^.^)
ご心配頂いてる嘔吐の様子ですが、あれから、吐くまではいかないけど、相変わらず今にも吐きそうなくらいえづいてます・・・。一時はほぼ治まってたのに、またぶり返したかんじ・・
薬もあと1日分しかないので、明日また病院へ行ってみようと思います。
にゃあすけくんは今日でしたね。大丈夫だったかな?

投稿: ピーママ | 2006年5月15日 (月) 12時25分

ゆうかちゃん
友達ってほんとにありがたいですね。
もちろん、ネットでお付き合いしてる皆さんも同じです。
応援してくれてる人がいると心強いですね!
動物だって、かけがえのない命。大事な家族。
しっかり飼い主が守ってあげなくてはいけませんね。
ピースケ、パパがなかなかプリンくれなくて、「ワンワン!(早くちょうだい!)」って催促して無事もらえました(^◇^)

投稿: ピーママ | 2006年5月15日 (月) 12時33分

すみれさん
本当にいいお友達に恵まれて幸せに思います。
命あるもの重い軽いなんてないよね。
人間よりワンコたちの方が先に逝ってしまうのは仕方ないけど、命ある限り、できるだけの事をしてあげたいし、無条件で自分を頼ってくれる命は人間だろうが、動物だろうが、このうえなく愛しいです。
プリンよく作るんですよ。
プリンカップでちまちま作るの面倒くさくて、ケーキ型で一気に作って切り分けて食べるんです。
実はピースケの食いしん坊は母ゆずりかも(^^ゞ

投稿: ピーママ | 2006年5月15日 (月) 12時40分

ピースケ君の真剣そのものの顔!
プリンに穴が開きそうだね。

ちょっと調子が今ひとつみたいだったので
足が遠のいてしまってご免なさい。
もし・・・なんて考えると
ちょっとお邪魔するのが怖かったりするの。
いつまで経っても駄目なおかあちゃんです。

もちろん、わんこは家族です。
大切な、目に入れても痛くないほど
可愛かった娘でした。
たかが犬だろうが、愛情を注げない人よりは
愛することが出来る方が幸せ。
ピースケ君はたっぷりの愛情のおかげで
今日まで美味しくおねだりできているんだもの。

何故だかお天気が良いと、色々思い出しちゃって
今日も「ぶるー」な一日でした。ははは・・・。


投稿: さらちん | 2006年5月15日 (月) 18時53分

さらちんさん
コメントありがとうございます。
去年の今頃はサラちゃん、治療しながらも元気だったものね・・。食欲旺盛のオチャメさんで。
あの頃は、まさか1年後にいなくなってるなんて思いもしないで、ひたすら寛解目指して頑張ってたよね。
いろいろ思い出させちゃってごめんなさい。
子供同然の家族を失った哀しみはそう簡単に癒えるものではないと思います。私の友人に(ブログとは別の人)とても可愛がっていた猫さんを亡くした人がいるんだけど、やっぱり立ち直るには相当の時間が掛かったそうです。でも、その友人が言ってました。亡くして数ヶ月は泣いてばかりだったけど、今は猫ちゃんを思い出すとすごく優しい気持ちになるって。その人にとって今は猫さんは優しい、あったかい思い出だそうです。
そう簡単ではないかもしれないけど、いつか、さらちんさんもサラちゃんのことを思い出しても、辛くならなくて、逆に笑顔になれる日が来る事を祈ってます。サラちゃんもきっとさらちんさんのことずっと見守ってくれてるよ。

投稿: ピーママ | 2006年5月16日 (火) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73619/1792645

この記事へのトラックバック一覧です: 一通のメール:

« 芸達者なワケ | トップページ | また病院 »