« サツマイモクッキー | トップページ | おいしいポーズ »

2006年7月 9日 (日)

ドキドキのレントゲン撮影

毎週日曜日はピーママのジョギングデーです。悪天候や身内の不幸などで2週抜けて、3週間ぶりの練習になりました。

3週ぶりで、しかもこの蒸し暑さ。すぐに汗ダラダラでもうヘトヘト~(@_@;) 今日は河川敷を1往復しただけで(12km)ギブアップ。。。こんな調子でほんとにホノルルなど挑戦できるのだろうか・・・(-_-;)

と、ピーママの独り言はここまで。

Photo_10 昨日はピースケの通院日でした。いつもの診察に加え、レントゲン撮影も行われました。

レントゲンといえば、4月に肺音の異常があり撮影して以来です。

現像が終わり、前回の写真と共にシャーカステンにはめ込まれたレントゲン写真。先生が2つを比べながら観察している後ろからこっそり覗き込んでみると・・・ん?何か前のと比べて白いぞ。もしや、肺炎?再発?抗がん剤治療再開?そんな言葉が頭の中を駆け巡り、一気に血の気が引きました。

ドキドキしながら待っていると、「こちらへどうぞ」という先生の声。

Dr.「変化はないようですね」  へっ?変化なし?じゃあ、白く見えたのは?

なんと、私が肺だと思って見ていた部分は頚部で、とんだ勘違い。白いと感じたのは、前回のものと比べて全体的に白っぽく写っていたせいで、むしろ、肺は前よりくっきり黒く、きれいでした。

4月の時点では微妙な診断で、再発の疑いを残したままというかんじでしたが、それから既に2ヶ月以上経過した現時点でも変化がないということは、あの肺音の異常とリンパ腫との関係は薄くなってきたようです。よかった~。

それにしても、説明を受けるまでの待ち時間って、やけに長く感じられて心臓に悪いですね(^_^;)

リンパ腫という病気である以上、再発への不安とは常に隣り合わせで、通院の度に味わうこの心臓に悪いドキドキ感からは逃れられないけど、ピーちゃんが元気でいてくれたら、それでいいよ。ママちゃん、頑張って心臓も鍛えるよー!

|

« サツマイモクッキー | トップページ | おいしいポーズ »

「リンパ腫」カテゴリの記事

コメント

ピースケ君の診断結果を聞いて、ほっとしています。
余計な心配をかけてしまってごめんなさい。
通院ごと毎回のドキドキ感、私も忘れられません。
特に最初にリンパ腫と診断された時なんて
腰が抜けましたもの。
それでも通院する度に、
少しづつ私の心臓も強くなってきたかと思います。
こんなことくらいで逃げるもんか~!なんてね。
ピーママも♪ピースケ君のためなら、えんやこ~ら!♪
だよね!
それにしても親孝行な子ですよね。ピースケ君は。

投稿: さらちん | 2006年7月 9日 (日) 14時40分

ジョギングの時はもちろんピースケ君はお留守番?
お〜!!目指すはホノルル!!がんばって〜〜!!
ピースケ君の異常なしの診断を読んで毎回ホッとしてます!
私も昨日のことのように思い出しますよ。
本当毎回ハラハラドキドキ心臓に悪いですよね〜。
ジョシュは寛解期間が短く、その後は一回も寛解に
持ち込めないままゆっくりと、でも確実に悪い方へと
進んで行ってしまい不安と恐怖で押しつぶされそうでした。
でもそのドキドキがあるからジョシュは今一緒にここに
居れると思うと、
なんて言ったらいいかな・・腹を括るというか
しょうがないというか、これがあってこそジョシュと思えて
心臓に毛が生えました(笑)
一緒に走ってきたピースケ君が今も元気な姿で
いることを本当に嬉しく思ってますよ!!!
ピースケ君!この調子でいける!!!
ピーママさんも心臓にもうすでに、うっすらと
うぶ毛が生えてるかも・・・(私のは剛毛)

投稿: すみれ | 2006年7月 9日 (日) 20時03分

さらちんさん
ありがとうございます。
余計な心配だなんて、とんでもない。私も気になっていた事です。それに、さらちんさんの後押しがあってこそ、不安に思っていた事を確認できたのですから。感謝してます♪
これからもよろしくお願いしますね。
リンパ腫の診断を受けた日のことは一生忘れられませんね。
ピースケは、ただしこりがあったというだけで、元気そのものだったんです。だからとても信じられなくて。何かの間違いだとしか思えませんでした。
なんやかんやとありながらも、今元気でいることにもっと感謝して幸せをかみ締めなければもったいないですね。
ほんと、ピースケのためなら、え~んやこ~ら♪
親孝行息子と親ばか飼い主のコンビでこれからも頑張ります。

投稿: ピーママ | 2006年7月10日 (月) 11時14分

すみれさん
そうです。ピースケはジョギング中はお留守番ですね。
出かける前はなるべく目を合わせないようにして、さりげなく出て行くんです(笑)ホノルル、いつになるかわからないけど、地道に頑張ります。
ピースケがリンパ腫になって最初は「どうしてこの子が」と悲観してばかりだったけど、ネットを通して知り合ったお仲間のお陰で前向きに頑張る勇気をもらえました。一緒に喜んだり心配したりしてくれる友達がいる。心強い事です。
そんな私の心臓にも、うっすらうぶ毛くらい生えているのでしょうかね?少しずつ、すみれさんのように剛毛(笑)に変わってくるのかしら(^_^;)

投稿: ピーママ | 2006年7月10日 (月) 11時21分

ピーママさん、ちゃんと走ってるのね。しかも12キロも。すごすぎる。お菓子作りの好きなピーママさんのふわりとしたイメージからは考えられない…。私もがんばらなきゃ。(って、何を??)
ピースケ君はマラソンではピーママさんのお相手はつとまりそうもないですよね。ピーちゃんが走れるのは50メートルくらいかな?


ピースケ君、相変わらず心配させてくれますね~。でも結果オーライだから。どんなにドキドキさせてくれてもなんでもなければ良いですよね!

投稿: marie | 2006年7月10日 (月) 18時41分

ピー君、レントゲンで肺がきれいに写ってて良かったよ~。
元気で、ごはんもちゃんと食べてくれて、先生に大丈夫と言われても、ちょっとしたことですごく不安になるもんねぇ。
大丈夫と言ってる先生に、「でも○○なんですけど、本当に大丈夫なんでしょうか?」なんてなかなか言えないし、、、へへへ。
体重3キロのピー君と19キロのポンタの寝方と首の傾き加減がが全く同じってのが、あたりまえなんだけど、妙に不思議で、なんかうれしい写真です。
ちなみに、私は120メートル位なら走る事ができます!

投稿: ポンボク | 2006年7月11日 (火) 10時25分

marieさん
たぶん、marieさんの想像の中の私って美化されちゃってる気が・・・(^_^;)
でも、仰るとおり、どちらかといえば、ふんわり・・というか、ぼんやりというか、ボーっとしてます。
見た目もマラソンに挑戦しようなんてタイプには見えないと思います。運動音痴だし。自分でも不思議です(^_^;)
私の走ってる河川敷で毎週数頭のワンちゃんたちがアジリティ遊びしてるんですよ。それを横目にピースケもこんなことできたらな~って思いながら走ってます。
ピースケね、ウチに来た時から物覚えもよくて丈夫で、本当に手の掛からないコだったんです。今は心配させたい年頃なのかも?でも、いつも結果オーライなんだから、やっぱり良い子です♪

投稿: ピーママ | 2006年7月11日 (火) 11時04分

ポンボクさん
ありがとう~。ピースケの肺ってほんとにちっちゃいんですよ。あれじゃあ、間違えて他のとこ見るのも仕方ないです(言い訳)
でも、くっきり黒くてホ~っとしました(^_^)
そうなんですよね~。いくら大丈夫と言われても自分であれこれ悪い事考えちゃって不安になるんですよね。
「診察時間が終わってからとか、休みの日に何かあったらどうすればいいんですか?」って訴えたら、院長先生が携帯番号教えてくれました(^_^;)
画像のピースケの寝方とそっくりのポンちゃんの写真、今度アップしてください~☆

投稿: ピーママ | 2006年7月11日 (火) 11時14分

ピースケくん、順調そうで安心しました♪
獣医師がレントゲンを見てる時って覗きたくなりますよね!
レントゲン自体も気になるし、それを見てる獣医師の様子とかも気になって。
いつも私も診察室ドアのガラス越しに覗いちゃってます(^^ゞ
いつ覗いてるのバレるかとヒヤヒヤしながら。
だけど実際にはレントゲン見ても素人判断しか出来ないから、獣医師にちゃんと説明してもらわないと判らないんだから、覗いても仕方ないのにね。
でもやっぱりドキドキを早く落ち着けたくて、これからも覗いちゃうんだろうな(>_<)

投稿: ももり | 2006年7月11日 (火) 15時11分

ももりさん
そうなの~。先生の様子も気になるところですよね~。
写真を縦にしたり、横にしたり、2つを何度も比べながらボソボソブツブツ言ってるから、こっちはもう、ドキドキですよー。
でも、パパッと見てすぐ診断されるより、じっくり慎重に観察してくれてると思えばありがたいですね!
こうして、通院の度に心臓を鍛えるわけですね(^^ゞ
お互い頑張りましょう!

投稿: ピーママ | 2006年7月12日 (水) 07時23分

ピーママさんお久しぶりです(*^_^*)
色々ご心配かけて
すみませんでした&ありがとうございました。
また、ワンコと一緒の生活が出来て
今はとっても幸せに感じてます!(^^)!
これも、こゆきのおかげです。

ピー君検査結果良好で良かった!!!
日記読んで『あ~良かった♪』ってすごく安心しました。
ピー君その調子で元気で過ごそうね(^_-)-☆
私も、こゆきの通院の時レントゲンが焼き上がって
はめる音を聞いただけで待合室でドキドキしてました(^_^;)
それをこゆきに感じられまいとして、こゆきにはニコニコしていまけど絶対引きつった顔じゃったと思います(^_^;)
名前を呼ばれる時の先生の声のトーンの違いを感じようとしましたが。。。
さすが先生結果がどうであれ同じトーンでした(笑)

これから、暑くなりますね ピー君もママも体調気をつけて
暑い夏を乗り切りましょう\(^o^)/

投稿: なな子 | 2006年7月13日 (木) 09時25分

なな子さん
こんにちは~♪コメントありがとうございます。
こゆきちゃんが亡くなってからお母様の入院と、大変でしたね。
でも、持ち前の明るさで頑張ってこられて、ほんとに偉いなって思いながら日記読ませてもらってました。
レオン君もひまわりちゃんもすっかり家族の一員としてなな子家に馴染んでますね(*^_^*)よかった~♪
ピースケの応援ありがとう!
私もピースケの前ではニコニコしていようと思うんだけど、病院ではたぶんいつも引きつってるかも・・・(^_^;)
いよいよ夏本番でワンコたちにとっては厳しい季節だけど、毎日ニコニコ笑顔で頑張りましょうね♪


投稿: ピーママ | 2006年7月13日 (木) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73619/2567924

この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキのレントゲン撮影:

« サツマイモクッキー | トップページ | おいしいポーズ »