« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

イボの組織検査結果

動物病院からイボの検査結果について電話がありました。

結果は・・・・・

シロでしたー\(^o^)/

イボの正体は乳頭腫という良性腫瘍でした。

ネットで検索してみると

乳頭腫とは乳頭状に隆起発育した重層扁平上皮の増殖より成る良性腫瘍

と書かれています。

獣医師からも、たぶん悪いものではないと言われていたけど、病理検査で白黒ハッキリさせて気持ちもスッキリ安心しました。

イボを見つけたのが10月9日。

最初はよーく目を凝らさないと判らないくらいの存在だったのが、日に日に大きくなっていき、毎日毎日心配性のピーママに注目され続けたイボ。

密かにチャームポイントの座を狙っていたイボっちも、生まれてわずか2週間であっけなくレーザーにより切り取られ、はかない生涯を終えました。

発生してから組織検査の結果が出るまで約3週間。

こうして、イボ騒動は無事終結したのでした。

皆様、ご心配おかけしました&毎度、毎度、お騒がせして恐縮ですm(__)m

ピースケの顔に突如として表れたイボよ。今度生まれてくる時は、もっと大らかな飼い主に飼われている犬の顔に出てくるがよい。そうすれば、チャームポイントとしてもてはやされ、華やかな生涯を送れるであろう。間違っても2度とピースケの顔を選ぶのではないぞ。byピーママ

今のピーちゃんのお顔は↓こんなかんじです。イボ痕は丸くピンク色してます(^_^)

Photo_66

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

レーザーでジュッ

病院行ってきました。

本当は明日が通院予定日だけど、待ちきれなくて、1日くらい早くてもいいだろうと私が勝手に。

もちろん、少しずつ増殖していくイボっちが気になって・・・。

先生の所見では、たぶん悪いものではないけど、気になるようならレーザーで焼き切りましょうと。。。

私としては、悪いものじゃないのなら、わざわざ痛い思いをさせるのも可哀相なので「もう少し様子をみます。」と言ったのですが

「切った部分を組織検査すれば、悪性か良性の診断がつきます。」と、仰るので

「じゃあ、お願いします。」と即決しました。

まず、ハサミみたいなやつでブチッ

そして、先生と私、サングラスみたいなのをかけてレーザーでジュッ、ジュッ

今日はちょっと暴れました。

そりゃそうだよね。麻酔もなしにブチッ、に、ジュッだもんね。

痛かったよね(>_<)

でも、悲鳴は上げませんでした。

ピーちゃん、偉い!(涙)

検査結果は1週間後に電話で教えてくれるそうです。

ちょっと、ドキドキ・・・・

悪性のものではありませんように。

そして、先生のボケぶりが・・・

イボを焼き切って、消毒すると

「今日はよろしいですよ」

「触診とかはいいんですか?」

「あっ、そうそう、肝心な事忘れてました、汗」

ちょっと、頼みますよー、先生(-_-;)

そして、体重計って、触診して、聴診して・・・

「はい、いいですよ」

・・・・っておいおい!結果はどうなのさ!?

何も言われなかったて事は大丈夫なんだろうけど(^_^;)

今日は組織検査代とフィラリアの薬も出してもらったので、会計は8,400円でした。

ついでに爪切りもお願いしようと思ってたけど、今日は院長先生だったのでやめときました。

イボっちがなくなって、スッキリしたけど、なんだか痛々しいピースケ君です。

Photo_65

頑張ったご褒美に今日の夜はラム肉あげるね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

小さな幸せ

Photo_64 ココログメンテナンス中にピーママ、密かに一つ年を取りました。

昔は誕生日や結婚記念日には、サプライズ的なお祝いをしてくれていたピーパパでしたが、いつの頃からか、ただ「おめでとう」の言葉だけになり、時には忘れていることも。

結婚して10年以上も経つと、こちらも、もう何も期待しなくなります。というか、勝手に前から欲しかった物を買ったりします。自分へのご褒美とかいって(^^ゞ

でも、今年はどういう風の吹き回しか、パパがケーキを買ってきてくれました。

ケーキの箱を見た瞬間、丸いバースデーケーキを期待しましたが、中は3種類の小さいケーキとプリンが1つ。

パパ曰く「大きいケーキだと同じ味ばっかりで飽きるからいろんな味があった方がええじゃろう」

うん。すごく現実的だけど、その通り!

毎日「今日はどれにしようかなー」ってウキウキの4日間。小さな幸せです♪

サプライズなことって、毎年やってるとサプライズじゃなくなりますよね。だんだんネタもなくなってくるし。

何も期待しないのが当たり前で、時々忘れられてるくらいの方が、気まぐれで買ってきてくれたケーキひとつで感激できるんだから、幸せですね。

ピーちゃんが病気になってから、今まで当たり前だと思っていたことがどんなに有難いことか分かるようになったし、小さな幸せを実感することが多くなりました。

健康で家族仲良くが1番です♪

でも、時々その気持ちを忘れて不満を漏らす私なのですが(^^ゞ

ところで、ピースケのイボっちですが・・・

微妙にまた成長した気がしないでも・・・

気のせいでしょうか。

Photo_62

Photo_63

ピンボケの画像ですいません(^_^;)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

イボ

それに気付いたのは10月9日の朝でした。

いつものように、ヨーグルトを食べて白くなったピースケの口元を拭いていたときです。

鼻下左側にポツンと何か黒いものが。

ごみでも付いてるのかと思い、ティッシュで拭ってみるけど取れません。

よーく見ると、どうも皮膚が盛り上がっているかんじ。

「なんだ、これ?」とパパに見せると、「ホクロじゃないか?」って。そんなもん、急にできるの?

ちょうど翌日が診察日だったので、ついでに診てもらいました。(例の診察代が100円だった日です)

いわゆる『イボ』だそうで、別に悪いものではないとか。

その日は安心して帰ったのですが・・・・・

どうも、少しずつ大きくなっているんです。

デジカメで撮ってみたけど判りますか?

Photo_60

Photo_61

大きさは現在直径2mmの球状。発見した日からは2倍くらいになってると思う。

ついつい、気になって、イボばかり見てしまう私に、パパは「気にしすぎ」と言うけど・・・だってー、どうしてもそこに目がいってしまうんだもん~。

いっそのことチャームポイントにでもしちゃうか?(^_^;)

次の通院日は24日だけど、それまでに行ったほうがいいかなぁ。でも、悪いものじゃないって言われたし・・・

うーん、、、、

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

100円?!

昨日はピースケの診察日でした。

このところ、咳の症状も落ち着き、元気いっぱいのピースケ君。

Huse 触診、聴診も問題なく、体調も良さそうなので、気管支拡張剤を切ってみましょうということに。

前回、気管支炎の薬を切って10日目に咳がぶり返した経験があるため、私としては不安が残るところですが、あまり薬漬けになるのも心配なので、先生の判断に従うことにしました。

体重は3.15(前回3.2)kgと、少しずつではありますが、ダイエットの効果も出ているようです。このくらいゆっくりペースで減っていくのがいいですね(^_^)

診察はあっという間に終わり、会計へ。

受付「今日は100円です。」

私「えっ?」

受付「(笑いながら)100円です。」

私「すいません。拍子抜けしてしまって、笑。」

以前、抗生剤が5日分出て、会計250円で驚いたこともあったけど、さすがに100円にはビックリ!この病院は再診料が100円なのか~とか考えながら、100円玉一枚を差し出し、「お世話になりました~!」と病院を後にしました。

このまま咳の症状が出なければ、次回は2週間後です。

ずーっと8日毎に通院していたので、来週間違えて行ってしまいそう(^_^;)

2週間何事もありませんように。

話は変わりますが、今日未明、ウチから直線距離にしてわずか150M程の場所で火事がありました。

真夜中、ウーウーというサイレンの音で目が覚めました。我が家の前は夜中に消防車や救急車が通る事はよくあり、深夜のサイレン音など大して珍しくないのですが、いつもとは違うただならぬ空気を感じ、ベランダへ出てみました。

すると、すぐ近くで灰色の煙と火の粉が舞い上がっています。ご近所さんたちも外に出て、辺りは騒然としていました。

自宅からこんなに近い場所での火災に遭遇したのは初めてです。

パパは野次馬根性丸出しで、現場まで様子を見に行きました。

人が住んでいるのかどうかわからないくらい古い家が燃えていたようです。

まだ、出火原因などは明らかになっていませんが、もしかしたら放火の疑いも?怖いですねー。恐ろしいですねー。

これからは空気も乾燥してくるし、火災の起こりやすい季節。外に燃えやすい物など置かないように気を付けなければ。

ほどなくして無事鎮火し、やれやれと部屋に戻り時計を見ると、午前2時前でした。すっかり目が覚めてしまい、なかなか寝付けずにいる私の横で、5分もしないうちに、パパはいびき、ピースケは寝言と熟睡モード。

こいつら、羨ましすぎる・・・(-_-;)

結局、うつらうつらのまま朝を迎えてしまい、ちょっと寝不足気味のピーママです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

ビッグチワワ

皆様は『ビッグチワワ倶楽部』という団体をご存知でしょうか。

ネット上に存在する、その名の通り「大きなチワワ」のクラブです。

まぁ、チワワ飼いの人でなければ、大して興味はないと思いますが・・・。

このクラブの存在を知ったのは約3年前。

テレビで大きなチワワの特集をしていて、このクラブのことも紹介されました。

早速アクセスしてみると、いるわ、いるわ。大きなチワワンがいっぱい!

4kg以上の仔なんてザラ。中には5kg、6kgのチワワンまで。

Photo_58 どの仔も家族の愛を一身に受けて幸せそうな笑顔の写真ばかりです♪

よし!ピースケもとびきり可愛い写真を送って仲間入りだ・・・と思ったら、このクラブの入会資格は3kg以上だと・・・。

当時のピースケの体重は2.8kg。残念ながら入会ならず。

我が家にある犬の本にはチワワの体重について次のように記載されています。

オス、メスともに2.7kg以下

理想は1~1.8kg

上限2.7kgというなら2.8kgは立派なビッグチワワではないか。

それなら何故3キロ以上なのか。ただ単にキリのいい数字だからか?そんな疑問を抱いていた時、JKCなどが主催するドッグショーでは、チワワは体重が3kgを超えると失格だと聞きました。

『失格』・・・なんて無情で切ない響き・・・・。

立派な、立派なチワワなのにショーに参加する資格すら与えてもらえない・・・。

3kg以上のチワワは、もはやチワワではないのか?ならば、この仔たちに別の称号を与えてあげましょう。『ビッグチワワ』という称号を。

・・・・と、こんな流れで『ビッグチワワ倶楽部』は誕生したのかもしれない。(あくまでも事実を逸脱した私の勝手な想像ですので、鵜呑みにされませんように)

Photo_59 3年前、2.8kgだったためクラブへの入会を認められず、自称『ビッグチワワ』を名乗ってきたピースケですが、今の体重は3.2kg。もう、立派なビッグチワワと呼べるでしょう。

今なら入会できる。

しかしながら、本心はベスト体重の2.8kgに戻ってほしいと思っている、勝手な飼い主なのでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

長寿犬

Photo_56 こんなの見つけちゃいました。

その名も『長寿犬』

う~ん、なんとも嬉しい響き☆

ローヤルゼリー配合のペット専用飲料水です。

え~っと、ナニナニ?効能は・・・

抗ストレス   いいね~。ピースケにはストレスは禁物だからね。

滋養強壮・精力回復  なるほど、なるほど~!

若返り・美肌  おぉ~、なんて魅力的な言葉!私が飲みたいくらいだね~。

よーし、ピースケ。この水飲んで目指せ長寿犬!

Photo_57 ボクは水よりお肉の方が嬉しいんですけど・・・

今日、広島のドッグパークのワンちゃん達のために支援金を振り込んできました。

同じ職場の、犬を飼っている人も、いない人も、またその家族の方々からも協力を頂き、予想を上回る額の支援金が集まりました。

改めて今回の事が、いかに悲惨で、みんなの心を動かすような事件であったかを実感しました。

呼びかけに対し賛同し、協力して下さった皆さんに心から感謝します。

ありがとうございました。

なお、10月21・22日に広島ドッグパークにて、譲渡会が行われるようです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

ワンちゃん達みんなが幸せになれますように。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

自分にできる事

土曜日、広島のドッグパーク崩壊のことを職場の人に話したら、義援金や物資の協力をしてくれそうなかんじだったので、今日、募金箱を作りました。

できれば、1頭でもいいから里親になって、直接ワンちゃんのお世話をしてあげたい。。。

けど、人一倍(犬一倍?)ヤキモチ妬きのピースケに与えてしまうであろうストレスを考えると、どうしても踏み切れません。

今の自分にできる精一杯のことをしようと思います。

明日、募金箱を持っていきますので、ピーママの職場の皆さん、ご協力お願いしますね。

Byouinn そんな犬一倍ヤキモチ妬きのピースケは今日は診察日でした。

咳はいまいちスッキリしないままですが、一旦、抗生物質は切ってみることになりました。

私も、抗生物質を長期間服用し続けることに不安を抱いていたので、少しホッとしたような・・・・・

ボチボチ、の~んびり治そうね、ピースケ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »