« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

肺炎その後

皆さん、ご心配おかけしてすみません。

ブログの更新がないと、心配をかけてしまうとわかっていながら、私の悪い癖で、なんとなく書く気になれないでおりました。

ピースケは元気ですので、どうぞご安心ください。

ただ・・・肺炎の方は全くといっていいほど変化なしです。良くはならないけど、悪くもならないというのが救いでしょうか。

まさに、一進一退というかんじ。

今日、抗生物質の種類を変えてもらいました。あと、気管支拡張剤も併用することになりました。

新しい薬の効果に期待したいと思います。

当のピースケさんは、半目開きでねんね中です。

Photo

| | コメント (8)

2007年10月20日 (土)

早く治りますように

Photo

ピースケの肺炎ですが、一向に改善がみられません。

相変わらず、一度咳き込むと、苦しそうなコンコンが続きます。木曜日(18日)は嘔吐もしました。

薬もなくなったので、再び病院へ。

今日診てくれたのは、前回肺炎の診断を下した若い男のドクターでした。

咳がまだ続いていること、嘔吐したことなど告げ、診察に。聴診でも、やはり肺音がおかしいそうです。熱も40℃を超えていました。先生、「うーん、、、何でかなぁ。。。」と困ったように診察は続きます。

先生がそんなんじゃ不安になるじゃん!」って心で叫びながら見守っていました。

触診をしていた時です。

Dr「ん?・・・・下顎のリンパが腫れてます・・。

私、一瞬にして固まったまま、言葉が出ませんでした。

すぐにリンパの腫れのことが院長先生に伝えられ、院長による触診が始まりました。

超ドキドキしながら院長先生の診察を待ちました。院長の触診では、リンパではなく、唾液腺の腫れということでした。

ホーーーーッ。

もう~、確実に寿命が縮まったじゃん!

ただ、リンパの腫れではなかったからといって、喜んでもいられませんでした。

このまま肺炎の改善がみられなければ、今疑われている細菌性のものではない。となれば、肺にたまっている水を採取して生検しなければ何が原因かわからないというのです。肺の水を採取するには全身麻酔が必要となるらしく、リンパ腫という爆弾を抱えているピースケに、今それをするのは避けたいとのことで・・・。もちろん私だって、危険な事は避けたいに決まってる。

とりあえず、もう暫く薬で様子をみることになりました。

ピーちゃんのことだから、心配させるだけさせといて、あっけらかんと治ると思うんですが・・・

今のところ、食欲だけは健在ですので、みなさん安心してくださいね!

この前、こゆママさんからバトンが回ってきたので、その事を記事にしようと思ってたけど、それはまた日を改めて(^_-)-☆

| | コメント (16)

2007年10月17日 (水)

うぃちゃんへ

10月15日 夜うさぎさんのところのうぃっしゅちゃんが天国へと旅立っていきました。

寛解記録では、ピースケより上をいくうぃちゃんは、ピースケの目標であり、希望の星でした。

寛解丸2年を迎えたら、盛大にお祝いしようねって話したの、つい最近のことだったのに・・。

どんな重い病気も、あっけらかんと乗り越えてきたうぃちゃん。あなたの存在がどれほど心強くて頼もしかったことか。今まで本当にありがとう。

マイペースなうぃちゃんのことだから、あっちでもきっと、のほほんとやっていけるよね。優しく微笑みながらみんなのことを見守ってるうぃちゃんが目に浮かびます。

どうかゆっくり休んでね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (8)

2007年10月13日 (土)

診察日

どあっぷ~
(ごぶママ撮影)

Photo

今日は、ピーちゃんの通院日でした。

昨日までは元気いっぱいで、何の問題もなかったのに、今朝から咳が出始めました。それも、断続的に苦しそうな、嫌な感じの咳。

病院に着いた時は落ち着いていましたが、聴診で肺の音がおかしいとかで、急遽レントゲン撮影となりました。

現像ができるまでは、あまり悪い事は考えず、冷静に待っていられたのですが、写真ができて、ドクター同士のボソボソとした会話が聞こえてくると、急に心臓の鼓動が早まります。こういうことは何度体験しても慣れるものではありませんね(^_^;)

レントゲンの結果、肺炎に罹っている事がわかりました。但しごく軽度のもので、抗生物質を服用すればよくなるでしょうとの事。

明日は先生が学会出席のため休診なので、今日のうちに診てもらえてよかったです。(良い方に考えることにしてます)

病院では隣の台で猫ちゃんが診察を受けていました。首にしこりが見つかったとかで、リンパ腫の疑いもある・・・という会話が聞こえてきました。リンパ腫と聞くと、とても他人事とは思えません。2年9ヶ月前の事が蘇ってきます。猫ちゃんの飼い主さんもとても不安そうでした。

まだ疑いの段階でしたので、心の中で「リンパ腫ではありませんように」と、そっとエールを送っておきました。

家に帰って間もなくすると、モモちゃんとケンちゃんが遊びにきました。

ピーちゃん、本当は安静にしていた方がよいのでしょうが、遊びたい衝動を止めるわけにもいかず、はりきりマンになっていました。

あまりにも楽しそうに遊ぶので、私も嬉しくなってきて、ここは黙認することにしました。「病は気から」ともいうし、モモちゃんたちに元気をもらえたようです(*^_^*)

| | コメント (6)

2007年10月11日 (木)

モテ男ならず

今日は、モモちゃんの家に遊びに行った。

モモちゃんちに着くと、ピースケは、どこから出してるの?ってくらい高くか細い声で「キューン」と鳴いた。すごく切なそうな声で。

モモちゃんの家にはトマトちゃんもいた。昨日からお泊りに来ていたらしい。

モモもトマトも、キャンキャン吠えながら、ピースケを歓迎してくれた。ピースケは女子2匹に囲まれて、もうデレデレ。こんなにイキイキしたピースケを見るのは久しぶりだ。

とはいえ・・・夢心地の時間はそう長くは続くはずもなく、5分もしないうちに女子達には逃げられてしまった・・・。ピーちゃん、しつこすぎなんだもん。

061 お目目の大きなトマトちゃん。

昔激太りしていたせいで、心臓が悪いです。現在薬服用中。

我が家にピースケを迎え入れたのには、実はトマトが大きく関係している。というのも、一度、トマトをウチで預かったことがあり、その時すっかりチワワ(トマト)の魅力にやられてしまったのだ。

トマトはすごく甘え上手で、抱っこされるのが大好き。人見知りもしないし。しかも、あの大きな目でうるうる見つめられたら、もうイチコロさ!

ピーパパも私も、犬を飼うなら絶対チワワと心に決めた。

ピースケとの出会いのきっかけになってくれたトマトも、そろそろおばあちゃんの域。

トマちゃん、心臓病なんかに負けないで、長生きしてね。

つかず離れずのピースケ(左)とトマト(右)
Photo

このとき、モモちゃんはピースケの猛アピールに耐えかねて、お父さんの膝に非難していました(苦笑)

| | コメント (2)

2007年10月 8日 (月)

お疲れ様

Photo これは、ピーママ愛用のランニングシューズ。

約4年半に渡り、私のジョギングに付き合ってくれた愛着のあるシューズですが、そろそろ引退の時期が来たようです。

Photo_2 横から見るとよく分かると思うけど、かかとがすっかり擦り切れてしまいました。

4年半の歳月を感じます。

このシューズで一体何キロ走ったんだろう。週に一度、平均15kmとして、、、けど練習を休んだ日もあるからちょっと少なめに計算すると・・・

約3000km。ふーん。これって、多いのかな。少ないのかな。

山口からどこまで行けるんだろう。さっぱりわからん。

何はともあれ、ランニングシューズさん、お疲れ様でした。捨てられそうにないので、下駄箱の片隅に置いておきます。

Photo_3 そして、これが2代目のシューズ。

昨日(7日)のジョギングは、この新シューズのお陰か、それとも暑さのやわらいだ気候のせいか、今までで最長の22kmを軽快に走る事ができました。

ランナーズハイって本当にあるんですよ。Qちゃんじゃないけど「このままどこまでも走って行きたい」って思うくらい心地よい瞬間が。

Photo_4 学生時代は、体育でマラソンが一番嫌いだったのに、何故今走っているのか自分でも不思議。
走りながら、ふと「私、一体何のために走ってるんだろう」とか思うこともありますが(^^ゞ

たぶん、走り終えた時の達成感がたまらないのです。

Photo_5 いつか、目標のフルマラソンを走ったら、今まで感じた事のない苦しさと、でも、それ以上の喜びを味わえるんだと思います。
その達成感を味わうために、あえて苦しい事に挑戦する。そんな気がします。

最近、よく人から言われるのですが、私ってドMですかね?

| | コメント (8)

2007年10月 1日 (月)

9日遅れのバースデープレゼント♪

心待ちにしていたピーちゃんのプレゼントが、9月29日に届きました♪

さてさて、それは~?

ずっと前から欲しかった、お食事用のテーブルです。

以前記事にしたことがありますが、今までピースケ君は通販カタログをテーブル代わりに食事していました。

本人はまったく気にしていないようでしたが、飼い主としてはやはり見た目が気になるというか、ビンボーくささ全開の光景がどうにも不憫でして・・。

ピーちゃんにとってちょうどいい高さで、カントリー調のテーブルはないか、あちこちのペットショップやネットで探してはいたんです。

でも、なかなかピンとくるものには巡りあえませんでした。

自分で作るという手も考えましたが、私の腕では、中途半端な仕上がりでへんてこりんなものが増えるだけ。という、トホホな結末が予想されるため、やはりプロの手に委ねることにしました。

今回依頼したのは、ネットショップのダックスープさん

カントリー雑貨や木工品が好きな方は是非覗いてみてください。胸がワクワクするような素敵なサイトです。

オーダー家具は予算に応じて相談にのってもらえます。

ピースケのテーブルの場合、一番重要だったのが高さでした。高すぎても低すぎても首に負担が掛かるため、8~9cmになるようお願いし、予算と大体の大きさの希望だけ伝え、あとは、お任せすることに。

Ducksoupさんの方から3パターンのデザインを提案していただき、その中から私が選んで作ってもらったテーブルがこちら↓

Photo

シンプルで優しい丸みが温かく、私のイメージ通りの仕上がりです。

Photo_2 どこかに肉球のマークを入れて欲しいという要望をきいてくださり、右下にワンポイントとして入りました。

Photo_7 安定が良いように太くしっかりした脚も、ぽってりとした可愛らしさが私のツボを刺激します。

Ducksoupさん、本当にありがとうございました。

届いた日の夜から華々しくデビューしました!通販カタログよ、さらばじゃ~。

Photo_5 

ピーちゃんの体高にピッタリ♪

Photo_6

当の本人ピースケは、カタログからオーダーメイドのテーブルに変わったことに気付いているのか、いないのか。。。

たぶん、彼にとって重要なのは、テーブルの事より、ごはんの中に占める肉の割合でしょうけど。

| | コメント (8)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »