« また増えました | トップページ | 病理組織診断書 »

2009年3月 2日 (月)

ピースケの体の中で起きていた事

昨日、ピースケがお世話になっていた動物病院へ行きました。

ピースケが亡くなった日から、ちょうど2週間後の2月26日に、解剖後の病理検査の結果が出たとの連絡をもらったので、詳しい話を聞くためと、先生方への挨拶も兼ねて、パパと二人で行ってきました。

ピーちゃんの死因ですが、結論から言うと不明です。

先生から説明された事、覚えている限り書きますね。

まず、亡くなる3日前に出していた血液検査(デオキシチミジンキナーゼ活性)の結果からは、リンパ腫の再燃は認められなかったそうです。全身的な所見、病理検査などからしても、最後までリンパ腫の再発はありませんでした。

各臓器の病理の結果ですが、腹水、胃の内部のびらん(胃潰瘍)、肝臓、膵臓の機能低下。膵臓の方は、糖尿病患者の末期に近いような値で、インスリンの分泌がほとんどないに等しい状態だったそう。それと、肺水腫と肺炎が確認されました。

但し、どれも直接死につながるような状態でとは考えにくいそうで・・。

肺炎に関しては、細菌性のものでも、アレルギー起因のものでもありませんでした。

病理の先生も、はっきりとは死因を特定できなかったそうです。ただ、病理の先生が気になっていたことで、肺の一部の細胞が変性していた(実際はもっと難しい表現でしたが、忘れましたsweat01)そうなのです。
稀に、抗がん剤の副作用で、そのような現象が起こることがあるそうです。でもそれは、肺癌の治療に使う抗がん剤の話で、リンパ腫のピースケに使用してきた抗がん剤(ビンクリスチン、シクロフォスファミド、アドリアマイシン、シタラビン)では例がないとか・・。

でも、過去に例がないとはいえ、どの抗がん剤も、言ってみれば毒なわけで、副作用で肺の組織が変性した可能性も否定はできないそうです。
過去の記録を紐解いてみると、抗がん剤治療を終えて、1ヵ月後から肺音の異常や、咳の症状が始まっていることからも、その疑惑は強まります。

思えば、抗がん剤を切ってから、亡くなるまでの2年11ヶ月の間、ずっと不可解な咳に悩まされ続けました。リンパ腫になるまでは咳をしたことなど一度もありませんでした。大きな病気をしたことで、抵抗力が落ちて、感染症に罹りやすくなってたのかと思ってたけど、結局肺炎の原因は、細菌でもアレルギーでもなかったし。

ここから先は、ピースケの主治医の憶測ですが、長期間にわたり抗がん剤を使用してきた事で、副作用として肺の組織の変性が起き、それが肺炎につながっていた。最後は肺炎により、何らかの分泌液等で気道がふさがれ、呼吸困難に陥った。そして、それがきっかけで、多臓器不全を引き起こし、それら複合的な要因が重なって亡くなったのではないか。だそうです。

先生の話を聞いて、私も納得できました。それが一番真実に近い気がします。

結局、抗がん剤を使ってリンパ腫を退治したことの代償なのでしょう。でも、あの時抗がん剤治療をしなかったら、ピースケはとっくの昔に亡くなっていました。

ピースケ、リンパ腫の寛解と引き換えに、肺に異常を抱えたまま、3年近くも頑張ってくれたんですね。

実は私、ずっと心に引っかかっていたことがありました。今年になってから、私がフルタイムで働くようになった事で、寂しい思いをさせてしまってました。そのストレスが引き金になったのではないかと・・・ずっと自分を責めていました。

先生にその思いを打ち明けたら、「ストレスが引き金になってというようなことはないと思います。」と言ってくださいました。私を傷つけないように気を使って言ってくれたのかもしれないけど、やっと心のモヤモヤが晴れました。

先生は、私達家族には失礼な言い方かもしれないけど、リンパ腫の再燃ではなくてホッとしたと仰っていました。
ずっと定期的に経過観察を続けてきて、その兆候は見られなかったし、見つけようがなかったって。
抗がん剤の影響で、肺に異常を来たしていたなんて、予測のつかないことだったと思います。

長い間親身になって診て頂いたことや、死因の解明に動いてくださったこと、本当に感謝しています。

ピーちゃんが亡くなってしまって、辛いけど・・・悲しくて、寂しくて仕方ないけど、リンパ腫を発症してからの4年間は、神様からの贈り物だったのかな・・。

P

この写真は、ピースケが亡くなった日の朝撮った物です。この写真、しばらく見ることができませんでした。今でもこの写真を見ると、呼吸が辛そうだった姿を思い出してしまって、胸が苦しくなるけど、でもこれがピーちゃんの生前最後の写真なのです。

ピースケは精一杯生きました。その生涯をかけて、私達に無償の愛をくれました。
今は、心の底からお疲れ様と言いたいです。

ピーちゃん、本当によく頑張ったね。
お疲れ様。そして、ありがとう。

|

« また増えました | トップページ | 病理組織診断書 »

「ピースケ」カテゴリの記事

コメント

ピーちゃんの亡くなった原因、ちょっと気になってました。
ピーママさん、まだまだお辛いのに書いてくれてありがとう。
ピーちゃん、最後までリンパ腫に打ち勝ってたんだね。
すごいよ!やっぱりずっとずっと希望の星だよ。
そっか、、リンパ腫をやっつけた代わりに肺に副作用が残ってた可能性があるんですね。。お咳をしてたのは気管支炎じゃなかったってことになるの??
琴もね、抗がん剤治療を終えて2ヵ月後から咳の症状が出だして、気管支炎って言われてるです。副作用の可能性もあるのかな・・・
やっぱり強いお薬なだけに副作用も怖いんですね。。
ピーママさん!
ピーママさんがフルタイムで働くようになったのは神様がそうしたんじゃないかな?ピーちゃんが亡くなってからの寂しさを紛らわしてくれるように・・・看取れなかったのも、ピーママさんに対するピーちゃんなりの思いやりだったんじゃないかな。。この2つ・・・ピーママさんの心に引っかかってるんじゃないかなぁと心配してました。
大丈夫だよ、ピーママさんのせいじゃないよ!!
最後の写真、ちょっとしんどそうだけど毛並みもキレイだし、やっぱり可愛いね。
最後に私からも・・・ピーちゃん、よく頑張ったね。お疲れ様。

投稿: リン | 2009年3月 2日 (月) 23時23分

改めて、ピーちゃんはよく頑張ったんだなって思いました。
リンパ腫には完全に制覇してたんだね、すごいよ。
でも抗がん剤の影響が関係してたとは皮肉すぎるよね。
だけどこうやって、ピーちゃんの闘ってきた病気のことをちゃんと調べてもらってよかったと思う。ピーパパとピーママの決断にはピーちゃんに対する深い深い愛がないとできないよね。どれほどピーちゃんの病気のことに胸を痛めていたかが辛いほどわかります。
最後まで親身になって診てくれた病院にも出会えたことが何よりだと思います。
フルタイムで働きはじめたことを責めてたピーママが先生に打ち明けてモヤモヤが取れてよかった・・・。
ピーちゃんがそれを聞いたら悲しむよ、きっと。
ピーちゃんはちゃんとママのお仕事のことも、病気のことも理解してたと思います。


ピーちゃんの写真に涙が止まりません。
苦しかったんだね、頑張ったんだね。
そして、いい子で偉かったねって褒めてあげたいです。
ピーちゃん大好きだよぉ!

投稿: ビッキーママ | 2009年3月 3日 (火) 01時05分

ピー君、病院の先生に本当にキチンと診てもらってたんだなぁ、とつくづく思いました。再燃もないのにと悔しい気持ちもありますが、ピー君はちっこい体でずっと闘っていたんだね。よく頑張ったね。ママさん、やれることは全部やったんだよ。なんの後悔もないんだよ。

投稿: ポンボク | 2009年3月 3日 (火) 17時50分

リンさん♪
ピーちゃんが亡くなった原因、リンさんも気に留めてくれてたんですね。
死因が分かったからといって、ピーちゃんが帰ってくるわけじゃないけど、やっぱり知りたかったことでした。
推測の話でしかないけど、抗がん剤の副作用と考えるのが一番納得できます。琴ちゃんも抗がん剤治療を終えてから気管支炎を患ってることで、不安にさせてしまったらごめんなさい。でも、ピースケの場合、一度再発してるから1年以上も抗がん剤を使ってきたし、咳も抗生剤や気管支拡張剤が効かないとか、不可解な事が沢山あったでしょ。琴ちゃんはお薬でコントロールできてるんだよね。だから、きっとただの気管支炎だと思うよ。
てんかんとか色々心配の材料が増えて大変だと思うけど、琴ちゃんと二人三脚で頑張ってね!
リンさん。私が忙しくなったのって、神様がそう仕向けてくれたのかなぁ。そう考えちゃっていいのかなぁ。なんか、その言葉に救われました。ありがとう。
ピーちゃんにねぎらいの言葉をありがとうございます。
きっと今は安らかにネンネしてるか、何か食べてるか・・・(苦笑)

投稿: ピーママ | 2009年3月 3日 (火) 21時00分

ビッキーママ♪
ピーちゃんのこと、いっぱい褒めてくれてありがとう。
ピースケ、本当によく頑張ったと思う。
リンパ腫の闘病中の頃から、毎日毎日ピーちゃんには「ママのために長生きしてよ。お願いよ。約束よ」って語りかけてました。だから、ピーちゃん、私の思いに応えて今まで頑張ってくれたのかなって・・。
リンパ腫を退治した代わりに肺に異変が起きてたなんて、解剖してもらわなかったら絶対わからなかったよ。もし、亡くなった理由がわからないままだと、いつまでも悲しみを引きずってたと思う。今も悲しみや寂しさがなくなったわけじゃないけど、真相がわかったことで、気持ちはスッキリしました。
ピーちゃんにはちゃんと成仏して欲しい。
私も変なモヤモヤは吹っ切って、ピーちゃんに心配かけないようにするね。ビッキーママ、ありがとう。

投稿: ピーママ | 2009年3月 3日 (火) 21時12分

ポンボクさん♪
ピースケは、ホントにいい先生に出会えて幸せだったと思う。
カルテにね、毎月「1ヶ月」とか、「2ヶ月」とかって、ピーちゃんが寛解してからの歳月をずっと記録してあるのを見て、先生も家族と同じような気持ちで見守ってくれてるのかなーって嬉しく思ったこともありました。
結局リンパ腫は再燃しなかったけど、私はむしろ再発であって欲しかったよ。すごく変な言い方だけど・・・。
リンパ腫のやっつけ方ならピーちゃん、2度も闘ってわかってるし、また頑張ってくれると思ってたの。でも細胞の変性なんてわけの分からない手強そうな奴じゃ、どうしようもできなかったのかな・・。なんか、変な事言ってごめん。
ピースケ頑張ったんだから、沢山褒めてやらなきゃね。

投稿: ピーママ | 2009年3月 3日 (火) 21時21分

ピーちゃん、リンパ腫には勝っていたんだね。
なのに、決定ではないけど抗がん剤の副作用かもしれないなんて・・・。今の医学ではそこまではわからないんだね。
ポンボクさんが書かれたように、ピーちゃん、ちっこい体でがんばったね。うん、ほんとうに、パパさんとママさんの自慢の息子。

投稿: marie | 2009年3月 3日 (火) 21時52分

結局のところハッキリとはしなかった原因だけど、たぶん獣医師の憶測が、私も真実に一番近いと思いました。
ずっとピーちゃんを診てくれてた先生なんだもんね。
肺細胞の変性…抗がん剤の副作用…なんか悔しい。
薬は毒にもなるって解ってるけど。
抗がん剤のデメリットも恐ろしさも解ってるつもりだけど。
それでもリンパ腫には負けてなかったピーちゃんは、本当にすごいよ!
ちっちゃなピーちゃん、よく頑張ったね。えらいぞ!

投稿: ももり | 2009年3月 4日 (水) 18時17分

今日も木曜日。
ピースケちゃんが旅立って3週間ですね。。。
ピースケちゃん、いっぱいいっぱいがんばっていましたもんね。
リンパ腫に打ち勝っていたんですね!
涙が出ます。さすがピースケちゃんです。

さっきから書いては消して書いては消して。。。
いろいろ伝えたいことがあるのにどう文章に書いてよいか分かりません。うまく書けないな。。。
また、ゆっくりお会いできた時にいっぱいお話したいです。

ピースケちゃん、最後まですごく頑張りましたね。
ありがとう。ありがとう!

投稿: ゆうか | 2009年3月 5日 (木) 20時44分

marieさん♪
ピーちゃん、リンパ腫に勝ってたんだよ。最後まで。
すごいでしょ。本当によく頑張ったよ。
親ばかでゴメンだけど、ピーちゃんは本当に本当にいい子でした。
ピースケは私達夫婦にとってかけがえのない宝物です。
今は辛くて悲しくてどうしようもないけど、ピーちゃんには、ありがとうって気持ちで一杯です。

投稿: ピーママ | 2009年3月 7日 (土) 21時28分

ももりさん♪
ピーちゃんリンパ腫には勝ったのに、まさか副作用で逝ったなんて・・・。でも、どうしようもなかったんだよね・・。よく頑張ったよ。4年間も。先生もすごく褒めてくれたよ。
この4年間はまるで夢のような毎日でした。
突然私の前からいなくなってしまって、悲しくて気持ちのやり場がないんだけど、あまり長く苦しまなかった事にも感謝しなくちゃいけないのかな。

投稿: ピーママ | 2009年3月 7日 (土) 21時37分

ゆうかちゃん♪
ピースケ頑張ったでしょ。リンパ腫の再燃がなかったって聞いて、さすがピースケだと思いました。
肺の変性は仕方のないことだったんだと思います。
もう限界だったのかな・・。小さな体でよく頑張ってくれたよ。
ゆうかちゃん・・。私もいっぱいお話したいです。
日増しに寂しさが募っていくのは何故なんでしょう・・・。
ピースケと綜ちゃんは、今頃天国から私たちの事見守ってくれてるかな。心配かけないようにしないとね。

投稿: ピーママ | 2009年3月 7日 (土) 21時45分

ピーちゃんの先生、本当に良い先生だとあらためて思いました。
その先生が仰った事、憶測でも物凄く説得力があると感じます。
副作用で組織が変性するなんて。どう戦えばいいのか想像もつかないのに、3年も戦ったピーちゃんはやっぱり凄いです。
リンパ腫にも負けなかったなんて、さすがピーちゃん。
小さいのに誰よりも頑張りやさんで、希望の星で。
そんなピーちゃんが大好きです!お疲れさまでした。

投稿: 夜うさぎ | 2009年3月 8日 (日) 00時25分

夜うさぎさん♪
先週末にね、正式な死亡診断書のコピーが送られてきたの。
沢山の病名が並んでいて、ピーちゃんあんな小さな体でいっぱい頑張ったんだなーって思ったら、涙が止まらなくなりましたweep
でも、病理の先生のコメントの最後に、「リンパ腫の証拠は全く見られなかった。」ってしっかり書いてあった。ピーちゃん、みんなに希望の星って言ってもらってたから、最後までその役割をしっかりと務めたんだね。
うぃちゃんとピースケは「希望の星」として全うしたんだね。

投稿: ピーママ | 2009年3月 9日 (月) 07時31分

5年前に父が白血病で他界しました。その時担当医から、はっきりした原因追求と今後の医療発展のために解剖を勧められたけど了解することができなくて、今頃になってとても後悔しています。なぜ父の最期の声を聞いてあげなかったのだろうと・・・・。
こうしてピーちゃんの診断書を間のあたりにして、小さなピーちゃんがたくさんの病気と闘っていた事実を知り、
「それでもボクは頑張ってたんだよ。」
ってピーちゃんが語ってくれているような気がしました。
そしてピーちゃんが残してくれた病理診断が他の子たちへの助けになることを願っています。
ピーママはとてもつらいのに、こうして最後の最後までピーちゃんのことを大事に受け止めてあげた・・・。とても尊敬します。
ピーママは強くてやさしいおかあさんだよ。

投稿: ビッキーママ | 2009年3月10日 (火) 00時13分

ビッキーママ
白血病でお父様を亡くされたんですか。そんな辛い経験を・・・
いきなり解剖を勧められても、家族としては戸惑って当然だよ。
大事なお父さんの体を切り刻むことに嫌悪感を抱くのは当たり前だと思うし、了承できなかったのはお父さんを愛すればこその選択だったんだよ。あまり自分を責めないで。
ビッキーっていう可愛い家族が加わって、お父さんも安心してるだろうね。きっとビッキーとビッキーママのこと目を細めながら見守ってくれてるよ。
私はね・・全然強くないよ・・。未だに毎日メソメソしてる。
ピーちゃんに笑われるね。

投稿: ピーママ | 2009年3月11日 (水) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また増えました | トップページ | 病理組織診断書 »